オーラと土地と建物と人の関係

オーラと土地と建物と人の関係

「あなたはオーラというものがあると思いますか?」


以前までは特に注目していなかったものの、友達にスピリチュアルヒーラーなる人や、伊勢神宮に行ってからオーラというものが見えるというか感じることができるようになってきました。

 

自分も「オーラとか言っている人うさんくさい。」

「だいたいなんなのオーラって?金を巻き上げるツール?」

くらいな冷めた目線で見ていたのですが、自分が多少なりとも感じれるようになってからそれを無視するこができません。

オーラに関して自分が感じることに関して書いてみたいと思います。

 

オーラはエネルギー量や質のこと


オーラはわかりやすく言うとエネルギーの量や性質のことです。エネルギーだけだとその量のみに注目がいきますが、オーラの場合はその性質、大きくわけると陽と陰などがあります。

人は本来無意識に「雰囲気」などで感じ取っているのがオーラです。またその流れを法則として落とし込んだのが風水です。

 

人はオーラが見えないといいながらも、おもしろいことに基本的に地価が高いところはオーラが高いです。

それが土地から来るものか建物から来るか人から来るかの3つでなんとなく区切られる気がします。

そしてオーラ値が低いと人の精神、マインドにも確実に影響するように思います。

うつ病の人はやわらかいいいオーラの土地に引っ越すことをおすすめしたいと思っています。(メンタルヘルスについての予防と対策はこちら)

うつ病になったといいながら足立区に住んでいたりすると、

「あ、そうなんだ。少し納得かも。」

とつい心の中で思ってしまいます。

(足立区をディスる気はありませんが目に見えて低いんです。オーラ値が。)

 

面白いことにオーラがないところは人が集まらない。

もしくは同質のオーラを持つ人が集まりやすい。

 

発展しているかどうか、地価もオーラで結構分類されている、ような気がします。

土地の持つオーラが高いところはなぜか人に人気で栄えているということは

オーラが見えずともみんなそれを感じて無視できずに生きている、ということになります。

 

オーラを感じるのにお勧めなところ


山(頂上のぞく)

森林浴がみんな気持ちがいいというのですが、空気がきれいなだけでなく、山のふもとから途中まではオーラがあります。

私だけかもしれませんが、頂上は達成感はありますが、エネルギーはあまりあるような印象はありません。

 

伊勢神宮

その他に自分がいったことのあるところでオーラがすごく高かったのが伊勢神宮です。

ここがダントツです。

見える、流れがあるというのがわかるレベルでした。町全体がつつまれているという不思議さ。神の居る土地なのは間違いないです。

 

明治神宮

明治神宮もエネルギーが高いです。あの都会のど真ん中で急に雰囲気が変わるのは誰もが感じたのではないでしょうか。そして少し、境界があるという表現が適切かわかりませんが、別ものの、エリアとは切り離された独特のエネルギーを持っています。

 

靖国神社

あまりいい質のエネルギーな印象はないですが、すごいエネルギー持っていると感じたのが靖国神社です。

 

その他

意外に、誰もしらないたまたまとおりすがった、小さい鳥居を構えたとこもちゃんと神様がいることもあります。

それなりの大きさ、構えなのに空っぽな神社もあります。

 

個人的に好きなのは自由が丘がすごく好きです。

 

やわらかくいいエネルギーがあります。

 

その次は現在自分が住んでいる羽根木公園の近くもいいですし、

井の頭公園の近くもすごくいいです。

 

六本木は港区はどちらかというと建物とそこに居る人のエネルギーが強く、

エネルギーが強いがよくないエネルギーもある。

 

土地としてはそこまで魅力的には感じれないという印象があります。

六本木、麻布十番あたりの港区は土地のオーラの割りに地価が高い私としては不思議エリアです。(人によってはすごいエネルギーがあるというので、大きすぎて自分のスケールでは測れないだけかもしれません)

歩く人の平均オーラ値は高いです。

表参道もすごくいいです。

土地よりも建物と人でオーラが整えられている印象が高くまたエネルギーの「流れ」があります。明治神宮を出入りするエネルギーなのかもしれません。

 

代官山は土地自体もあるような気がします。

沿線別の場合、東横線沿線は基本最強です。

 

この沿線で地価が安いとこは絶対「買い」です。

 

人が増えて、都市化がすすんだら間違いなくもっとあがります。

 

オーラがよくない場所

大阪の新今宮

ここはすごいです。そこにしばらくいただけで心がすさみそうなくらいダークでした。

照明や歩いている人、建物すべてがよくない印象が強いです。

正直ショックなくらいのレベルでした。

 

新大久保、歌舞伎町の一部エリア

ここに居るだけで人がすさむのは、事件が起きるのはしょうがない気がしました。

土地、そして人からのエネルギーにいい印象がありません。建物は普通です。

 

八王子裏高尾、館町

新大久保と同じくらいのあまり良い感じがしない、ただ、新大久保とは全く違うオーラなのが、八王子の裏高尾、館町。

人からというよりひたすら土地からのエネルギーです。

なんかすごく悲しい前向きになりづらい印象でした。ゆっくりと侵食される感じです。

でも居たら悪くはない風にも感じそうなイメージです。

 

足立区

すべてのエリアではないが足立区です。

ここは土地と人です。電車でそこの方面に向かって帰る人たちの電車に乗っていて、

これはまずい、、。費用対効果が高いのは数字でわかるのに、住めない、と思いました。

ここに居たらそこまですさむまではいかなくとも、

収入は一生低いままになりそうだなという印象が非常に強いです。

お金を引き寄せる力がないんですね、きっと。

 

エネルギーが弱い

晴海、お台場、品川らへんに感じるのは弱い力

土地から全くエネルギーが供給されていないんです。

おそらく埋め立て地はおそらくエネルギーがないんです。(品川も一部は出ていますが全体的に弱いです)

 

なんでエネルギーに差があるのか?


理系脳の自分からすると万有引力の法則のせいで土地自体質量があるから、質量のあるものに引き寄せるため基本的に質量の大きな山や大きな建物にエネルギーを感じるのかと考えたり、量子物理学的に、全てのものは波動でできているとなると、その波動の性質が物質により周波数が違うからなのか、とも思います。

なぜなら身長が高い人、質量が多いひとは基本的に背が低い人、少ない人よりもエネルギー量が多いと感じるからです。

 

もしかしたら、単純に質量だけなのか?とも思いながらも全く説明できなこともあり、一部の土地は昔戦があり、霊が多いからあまり土地に魅力がないなど。

 

いろいろ複合的な要素があるとは思いますが、オーラが見えないよりは見えるにこしたことがないというのが正直なところ。

オーラが見えていると、その人と言葉が通じなくてもその人が良い人か悪い人かはすぐわかります。

ただ、人のオーラは出会う人、体調、考え方で日々変わります。(住んでる土地でも?)

なので、健康マニアで健康に気を使うだけでなく、自分自身のオーラ管理もこれからしていこうと思います。

 

オーラ、これさえ明確に数値化説明ができるようになれば、確実に儲かる投資や、必要な人とだけ会うなどいろんなことができるので、それ自体がビジネスになるのにな。

「オーラ」少しだけフォーカスしてみてください。

おそらく誰でもなんとならくみえてきます。

みんなそのオーラに知らず知らず影響されて生きてますので。

 

スピリチュアル・占い好きな方におすすめ


人生カテゴリの最新記事