男ほどホワイトニング をした方がいい5つの理由

男ほどホワイトニング をした方がいい5つの理由

男がホワイトニング? -差別化戦略


「男のくせに歯を白くしたいってやつがいたんですよぉ。」

「なーにー?やっちまったなぁ」

などと言われてしまいそうですが、大事です。歯のホワイトニング

男性でホワイトニングをしている方は圧倒的にすくないです。

女性を含めても「ホワイトニング」をしている人はおよそ7.4%

また「歯のホワイトニングをした経験がありますか?」と尋ねたところ、16%が経験アリ、84%が未経験でした。ホワイトニングの方法としては、「ケア用品を使って自分で行った」が9.4%、「歯科で審美治療した」が7.4%です。

引用元:https://honote.macromill.com/report/20180531/

ざっくり男女半分したとして3.7%しかし、男女比で女性が9割、女性が1割であるのが普通であると考えると、0.74%。つまり1%にも満たない男性が歯のホワイトニングをしているわけです。

もしあなたが、今日ホワイトニングをした側に入ったとしたら、

人口の1%に入れます。これは希少度でいうと、TOP2%のIQのMENSAに入るよりもすごく、185㎝以上190㎝未満の身長があるのと同程度の希少度です。

これはすごいことです。

差別化戦略で勝ち抜くために、

IQをMENSAに入るほど上げることも、身長を185㎝以上に伸ばすのは決して簡単ではありません。

しかし、ホワイトニングをするだけで同等かそれ以上の差別化が瞬時にできてしまうのです。

 

ホワイトニングのメリット


  • 笑顔に自信が持て、モテる
  • 笑顔に自信が持て、精神衛生がよくなる
  • 清潔感がUPして営業成績があがる
  • 笑顔が増えることで、好機に恵まれ収入UP
  • 笑顔が増えることで、人間関係が円滑になる

ホワイトニングだけで上記のメリットがあります。

女子だと「インスタ映え」などもありますが、モテるなどの効果も人口の5-6%が行っているとなるとまだ大きな差別化にはなりえますが、男性ほどではありません。

 

笑顔に自信が持て、モテる

女性は自信のある男性そして、清潔感のある男性が好きです。

自信があるとモテる理由は自信がある背景には

  • なんらかの功績がある
  • 他の女性からニーズがあり雄として魅力的
  • 弱い時(妊娠中・子育て中)に頼りになりそう

という本能的に大事な部分に訴えかけることができるわけです。理性よりも本能にうったえかけることができる場合、生物的に優位な状態となります。それが何の努力もなく、1カ月間週に1回くらいホワイトニングに通うだけで手に入るとなると、やらない手はありません。

また清潔感ということにも触れましたが、生物学的に女性はいわゆる「受ける」側になります。そのため、異物が侵入してくるということから自身の体を健康を守るためにも「清潔感」や「健康的」というのはとても重要な要素となります。

清潔感を服装以上に手軽に高いコスパで(セルフホワイトニングの場合)できるのがホワイトニングです。

 

笑顔に自信が持て、精神衛生がよくなる

笑顔というのは思っている以上に人生に大きく影響します。笑顔の表情をするだけで、脳は騙されて、勝手に幸せであると勘違いをします。

また笑顔が増えることで精神衛生がよくなります。精神衛生がよくなると何が大きなメリットとなるかというと、

精神状態がいい

⇒ストレス耐性が高い

⇒うつ病による職務離脱による収入減を防ぐことができる、出世するために重要な要件が一つ満たされる

⇒結果、リスクヘッジがされることで収入の期待値UP、出世する確率UPで収入の期待値UP

期待値が増えているということは必ず収入が増えるわけではないですが増える確率は圧倒的に高いです。

それを数値化した場合、かなりの確率でホワイトニング代金はペイされます。

つまり、

「ホワイトニングを行う」と「収入が増える」という投資になるわけです。

「消費」でなく「投資」になるお金の使い方は経済的に自由になるためにもとても大事です。将来の不安をなくす一助になるとなったらもう「ホワイトニング」をやらない理由はありません

 

清潔感がUPして営業成績があがる

清潔感がUPすると女性にもてるだけでなく、男性にも受けはいいです。

実は人は「容姿がいい」ということは営業に大きく影響します。

想像してみてください。

もし、ほぼ同じ条件で

「A社のブサイク、口臭・加齢臭付きベテラン営業マン」

「B社のイケメン、さやわか若手営業マン」

に営業された場合に、多くの場合、今後のコミュニケーションを考えると、相当仕事ができそうでない限りはB社にお願いしたいのではないでしょうか。

さらに言うと、多くの大きな企業に勤務する人からすると、少しくらい経費が上がったとしても自分へのストレスが減るということであればB社のいい面を探して上司に理由を説明してB社にするのではないでしょうか。

そのくらい、見た目というのは営業や人と人がかかわる場面においてはとても重要なファクターになってきます。

どんな状況でも持ち運べ、自身のブランディングのためにも「ホワイトニング」は有力なツールとなるでしょう

 

笑顔が増えることで、好機に恵まれ収入UP

笑顔でいるということは多くの人に愛され、また、感謝されていると思わせる力があり、まわりの人がやさしくなります。笑顔が素敵な人には常に笑顔でいてほしいというのが人の常で、あえて、困る顔をしてほしいとは思わないのではないでしょうか。

つまり、「その人を笑顔にすること」が自然と舞い込むこととなり、結果として、「いい人を紹介される」などで恋愛やビジネスにおいてとても重要な機会に恵まれるのです。

ここではホワイトニングは費用がかかることとなるので、特に好機をビジネスに置き換えた際に、「日常的に事業にかかわる人のうち、1人に新規顧客を紹介される」だけで会社としては今までなかった取引、年間数十万円から数百万円の価値となりえる可能性があります。そのうちに少なくとも数%は自分が生んだ価値として、評価されてしかるべきです。つまり、インセンティブで還元されたとしたらそれはかけた費用以上のリターンは確実にあり、またもしリターンがなかったとしても会社には利益をもたらしており、会社に借りをつくっていることになります。会社に借りを作っているということは、会社に対して交渉力を持つことができます。例えば給料交渉や、部署を変えたいときなど、そういったときにも役に立つ立派な投資となります。

 

笑顔が増えることで、人間関係が円滑になる

先に述べたこととも重複しますが、笑顔が多いだけで人は集まり、また人間関係は円滑になります。笑顔の力により人間関係が円滑になると、対人関係のストレスも減り、毎日が楽しくなります。

アドラー心理学でも「すべての悩みは人間関係にある」とされています。

(アドラー心理学おすすめ本「嫌われる勇気」)

生きやすさを追求すると「笑顔」が大事であり、「笑顔」を要素分解すると、「歯」がしめる割合というのはとても大事になります。

 

そんな歯にぜひ投資をしてみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトニングはどこがいい?


今は費用対効果を考えると圧倒的にセルフホワイトニングがいいです。

そんな中でどこのホワイトニングがいいか、それがなぜいいのかということに関しては「新宿のセルフホワイトニング-おすすめ店」を参照ください。

ぜひ「投資」として「ホワイトニング」を検討してみてはいかがでしょうか。

健康カテゴリの最新記事